不動産相続・土地相続登記専門サイト
遺産相続手続きにおける不動産の名義変更、相続登記の専門サイト。
トップページ
手続きの流れ
費用について
ご依頼主様の声
メール相談

サイト運営責任者

大藤 隆志
(おおふじ たかし)

大阪司法書士会所属
登録番号第3071号

大阪行政書士会所属
会員番号第5286号

名義変更の方法
手続きの流れ
費用について
税金について
事務所案内
特定商取引法の表示
個人情報保護方針
相互リンク
サイトマップ
不動産相続、土地相続において問題となる税金は、

 ①相続税 ②登録免許税 の2つになります。

相続税>

 相続税は、言うまでもなく相続によって財産を取得した人についてかかる税金ですが、ほとんどの人には関係のない税金です。

 なぜなら、相続税のかからない範囲(これを基礎控除といいます)が大きく、課税最低限が高いので、かなり高額の資産を相続した場合でなければ、税金がかからないようになっているからです。

 基礎控除の額は以下のとおりです。

 (相続税の基礎控除額)

   5,000万円+(法定相続人×1,000万円)

 つまり、相続財産が、上記の基礎控除額以内であれば、税金はかからないということになります。

 たとえば、夫が死亡し、遺族が妻と子供2人である場合は、夫の財産が

 5,000万円+1,000万円×3=8,000万円 以内であれば、

 相続税はかからないというわけです。

 一般的に相続税のかかる場合は、全体の10%未満といわれております。

 ちなみに、相続税の税率は、(各種控除額を控除した残額について)

 1,000万円以下 10%   3,000万円以下 15%

 5,000万円以下 20%   1億円以下   30%

 3億円以下  40%   3億円以上  50%

 となります。

 ただし、時期は未定ですが、法改正が予定されていて、注意が必要です。

  

<登録免許税

不動産の名義変更をした場合、相続であるかどうかにかかわらず、登録免許税という税金がかかります。

税額は、不動産の固定資産評価額の0.4%です。

評価額500万円の不動産であれば2万円、

評価額1000万円の不動産であれば4万円となります。

この費用は、名義変更の際に申請と同時に収入印紙で納付する必要があります。

 

<その他>

なお、不動産取得税、贈与税は、かからないです。

⇒ ページの先頭へ戻る

<トップページへ戻る>

⇒ 不動産相続・土地相続登記

不動産相続・土地相続登記専門サイト~遺産相続登記(相続名義変更)の専門サイト